早稲田大学地域猫の会:おもしろサークルをコレクション

ph-waseneko01

 

早稲田大学地域猫の会

  • ボランティア

早稲田大学

コンセプト

早稲田大学地域猫の会(通称わせねこ)は、早稲田大学公認の動物系ボランティアサークルです。早稲田大学のキャンパス内に住む猫達を対象に、地域猫活動を行なっています。“地域猫活動”とは、野良猫の問題を地域の問題として捉え、地域住民の方々の理解を得て、適切に猫の飼育・管理を行ない、人間と猫が共生できる環境を作り上げていくことを目的としたものです。このように適切に飼育・管理されている猫のことを“地域猫”と呼びます。

活動内容

現在、早稲田大学地域猫の会で行っている活動の主な内容は、
・定期的な餌やり
・構内の猫の不妊去勢手術
・猫の餌場やその周辺の清掃
・地域猫に関するシンポジウムへの参加
・広報活動を兼ねた早稲田祭や物販イベントへの参加
・メンバーによる定例会
等です。

【年間スケジュール】
新歓(3月~)
総会(6月、12月)
合宿(8月、2月)
早稲田祭出展(9月)

お知らせ

猫が好きな人、実は犬派な人等々大歓迎です!かけ持ち、インカレも可能です。入会は随時受付けています。毎日16時30分より餌やりを行っているので、見学したいという方は気軽にご連絡下さい。

twitterアカウント

@Waseneko_1999

YouTube動画『【早稲田大学サークル紹介】地域猫の会「わせねこ」ってなに!?』

【Data】

設立年1999年
メンバー80名(男40名:女40名)
webサイトhttp://waseneko.wp.xdomain.jp/

ozawa-chika

幹事長

小澤 智佳 Ozawa Chika

早稲田大学/文化構想学部
早稲田大学地域猫の会は猫をかわいがるだけのサークルではありません。地域や大学職員の方々、学生たちの協力のもと、猫も、猫好きな人も、猫嫌いの人も、みんなが共生できる環境づくりを目指して日々活動しています。わせねこを通じ、1人でも多くの人に地域猫のことを知っていただければ幸いです。