芝浦宇宙航空研究開発部 SHARXS:おもしろサークルをコレクション

サークル紹介

 

芝浦宇宙航空研究開発部 SHARXS

  • ものづくり
  • 宇宙

芝浦工業大学

コンセプト

芝浦宇宙航空研究開発部 SHARXS(旧 芝浦衛星チーム)は、学生が主体となってロケットや模擬探査機などの開発・製作を行っている学生団体です。宇宙に関わるさまざまなものづくりを通して、お互いの技術研鑽や交流を深めることを目的としています。宇宙が好きな人はもちろん、ものづくりが好きな人も集まって、協力して製作活動を行っています。

活動内容

活動は毎週金曜日に行っています。また、部室にはパソコンや工具が揃っているので、好きな日にものづくりができます。日々のものづくりや他団体との技術交流を通して、宇宙開発を見据えたものづくりに関する知識やノウハウを得ています。具体的には、CanSatと呼ばれる小型模擬探査機や、ハイブリットロケットと呼ばれる固体燃料と液体燃料の化学反応による推進力を利用したロケットなどを製作しています。また、大会の隙間時間に天体観測に出かけることもあり、流星群を眺めたり、星空の写真撮影を行ったりもします。都会では見られない星空を好きなだけ楽しめます。
<主な参加大会>能代宇宙イベント(秋田県能代市)、ARLISS(アメリカネバダ州)、種子島ロケットコンテスト(鹿児島県南種子町)、伊豆大島共同打上実験(東京都大島町)など

お知らせ

自分たちだけで考え、製作したものを動かすのはとても楽しいです。活動では電子回路やプログラミング、設計技術など様々な分野の知識が必要になりますが、大学に入って勉強し始めた人がほとんどです。宇宙やものづくりに興味がある方、何かひとつのことを成し遂げてみたい方はぜひご連絡ください。SHARXSで、宇宙開発への第一歩を踏み出してみませんか。

【Data】

設立年2009年
メンバー35人(男33名:女2名)
webサイトhttp://sharxs.blogspot.jp/
twitterアカウント@sit_sharxs

代表

粟木 理志 Awaki Satoshi

芝浦工業大学/工学部
SHARXSはUNISECという実践的な宇宙工学活動をめざす大学生・高等専門学校学生によって構成される団体に加盟しています。UNISECには研究室単位で参加している団体も多く、そうした団体と比べるとSHARXSは少し際立って見えると思います。研究室では資金が潤沢な反面、製作物は研究の専門分野に特化した一つに絞られています(人工衛星だけ、ロケットだけなど)。その点、本サークルでは一つの分野に縛られず複数の分野から自分が興味のあるものを選べます。サークルには宇宙に興味のあるメンバーはもちろん、どちらかというと工作そのものが好きというようなメンバーもいます。研究室ではないため、色々な学部、色々な考えに触れることもできます。仲間たちと自分の好きなことについて語り合い、刺激しあってものづくりができる環境があるのはとてもすばらしいことだと思います。

■ この団体に問い合わせする

*は必須項目

お名前 *
ご連絡用メールアドレス*
ご連絡用TEL
お問い合わせ内容*
表示されている文字を入力し送信してください* captcha

twitter

芝浦宇宙航空研究開発部 SHARXS

@sit_sharxs

現在地:芝浦工業大学
Web:https://t.co/mf4AhwvPDu

2018/11/20 14:49

おお!おめでとうございます!🎊

2018/11/20 14:49

RT @wdb201126: 芝浦工大、「第26回衛星設計コンテスト」でアイデア大賞など受賞 | ICT教育ニュース https://t.co/3gnRlHR8V7

2018/11/20 14:32

RT @CosmonautsFeed: 【芝浦工大SHARXS ARLISS優勝】 芝浦工大のサークル〈SHARXS〉が、カンサットの世界大会ARLISSで優勝した機体について、芝浦工大のウェブサイトに記事が掲載。 今夏の能代宇宙イベントでも注目された、斬新なデザインの機体…

最近のブログ

芝浦宇宙航空研究開発部 SHARXS

2018/11/03
芝浦祭
2018/09/22
後期班コンペ
2018/09/18
ARLISS2018
2018/09/01
前期活動報告会
2018/06/24
備品紹介