首都大学東京 人力飛行機研究会 MaPPL:おもしろサークルをコレクション

ph-mappl07

 

首都大学東京 人力飛行機研究会 MaPPL

  • ものづくり
  • 鳥人間

首都大学東京

コンセプト

≪MaPPLって?≫
MaPPLは毎年夏に開催される鳥人間コンテストに向けて滑空機を制作するサークルです。ちなみにMaPPLは ”Man-powered Plane Lab”の頭文字をとったものでマップルと読みます。設立は1990年、都立大時代に遡ります。設立から現在までに鳥人間コンテストに出場した回数は24回にも及びます。鳥人間コンテスト2016では滑空機部門で準優勝を果たし、鳥人間コンテスト2018では審査員特別賞を頂きました。

活動内容

≪どんな活動をしているの?≫
主な活動場所は南大沢キャンパス7号館の2階です。
鳥人間コンテストに出場するために滑空機(プロペラの無い飛行機)を一から手作りしています。1mでも遠くに飛ばすために1㎜、1gの精度でこだわりを持って作っています。
≪年間スケジュール≫
4月:新歓期/新1、2年生を募集します。
5月:キャノピー制作/キャノピーと呼ばれるパーツを制作します。
6、7月:この時期になると、本番が迫り忙しくなります。/翼の制作、パイロットの乗り込み練習、機体の重心合わせ、本番用のフレームの制作などを行います。
7月末:鳥人間コンテスト本番!!
10月:MaPPLツアー/1泊2日の旅行をします。2017年は那須高原へ、2018年は伊東へ行きました。2019年は箱根に行きます!
11月上旬:みやこ祭/機体を復元し、1号館2階にて展示します。1年生には模擬店をやってもらいます。2018年は唐揚げを売り大盛況でした。
12月:桁試験/新しい機体の制作する為にまず、桁と呼ばれる骨組みの強度を確認します。ここで異常が見つかるとスケジュールが全部ずれてしまうので緊張の瞬間です。
1月:この頃から本格的に来年度用の機体の製作が始まります。
3月下旬:追いコン/卒業する4年生を送り出します。 

このように1年を通じて多くの活動があり、充実した体験ができます。

お知らせ

≪MaPPLに興味があるんだけど…≫
ぜひ一度作業場にお越し下さい。直接見て触れるのが一番だと思っています。また、みやこ祭(大学祭)での展示でも部員と直接機体を見ながら話すことが出来ます。毎年4月の新歓期には新入生歓迎会と作業場見学会を行っています。詳しい情報はHP,またはTwitterでお知らせします。

【Data】

設立年1990年
メンバー29名(男18名:女11名)
webサイトhttp://tmu-mappl.jp/
twitterアカウント@MaPPL_TMU

yamamoto-kazuma

代表

山本 一摩 Yamamoto Kazuma

首都大学東京/システムデザイン学部
私たちは、毎年琵琶湖で開催される鳥人間コンテストに参加し、優勝を目指すために人力飛行機を製作しています。自分達で一から設計、製作する為完成した機体が飛ぶ姿はとても感動します。大学生の今だから取り組める、そんなサークルです。何か新しいものに打ち込んでみたい方、興味がある方はぜひご連絡ください!最初は皆初めての作業なので、理系・文系の方どちらも大歓迎です!

twitter

@