慶應義塾大学公認団体 Front Runner:おもしろサークルをコレクション

ph-front-runner05

 

慶應義塾大学公認団体 Front Runner

  • ディベート
  • フィールドワーク

慶應義塾大学

コンセプト

≪Vision≫  
Create the Next Society !

≪Mission≫
1. 学生と社会をつなぐ (Promote Students’ Social Advancement.)
2. 未来の先導者を輩出する (Produce Front Runners of the Future.)

Front Runnerでは、将来を担う私たち大学生が、次世代が創る社会のあるべき姿を考え、学び、社会を先導する人材を輩出していくことを活動の目的としています。「日本のこれから」という大きなテーマを掲げ、様々な分野の第一線で活躍する社会人と意見を交換していくことで、日本の将来はどうあるべきかを考えていきます。

活動内容

Front Runnerでは、日本の社会問題の中から小テーマを一つ選出し、そのテーマについて4つのステップから学びを深めています。テーマに関して学習し自分なりの考えを持つ事前学習、テーマに関する分野でご活躍される講師の方をお呼びし講義をしていただく勉強会、テーマについてディベートやプレゼンテーションを通じてアウトプッフレクション、教トを行うリ室の外に飛び出し普段なら行くことの出来ない社会の現場に足を運ぶフィールドワーク、これらを活動の軸として、毎週金曜日に定例会を開催しています。

Step.1 事前学習
設定したテーマについてディスカッション等を通して学習します。テーマに関する広く偏りのない知識の習得を通し、翌週の勉強会に向けた準備を行います(学習テーマ例 選挙と政治参画、女性の社会進出、経済発展と環境問題、安全保障と外交問題)。

Step.2 勉強会
各界の第一線で活躍されている講師を招いて勉強会を行います。国会議員、官僚、NPO、起業家など、幅広い分野で活躍されている方をお呼びし、学習したテーマに沿ってお話ししていただきます。

Step.3 リフレクション
事前学習、勉強会を通http://www.circlezukan.jp/cms/wp-admin/post.php?post=2865&action=editして学習した内容を振り返りつつ、テーマとなる社会問題を自分たちで今一度考えます。学んだテーマに沿った論題を設定してのディベートや、グループごとにプレゼンテーションを行います。

Step.4 フィールドワーク
社会の現場を実際に自らの目で見て体験することを目的とし、テーマに沿ってフィールドワークを行っています。普段の生活の中では行く機会のないような場所に赴き、机上の学習では得られない学びを得ています(過去の訪問先:東京証券取引所、JAL機体整備工場、テレビ局等)。

お知らせ

≪新規入会について≫
新規入会に関しては、定員を定めながら通年募集しています(詳しくはTwitterをご参照下さい)。

twitterアカウント

@FR_keio

【Data】

設立年2009年
メンバー82名(男52名:女30名)
webサイトhttp://www.front-runner.net/

Sukada-Yuki.jpg

代表

須賀田 悠生 Sukada Yuki

慶應義塾大学/法学部 法律学科
こんにちは! Front Runner代表の須賀田悠生です。Front Runnerは「Create the Next Society!!」すなわち、新たな社会を作り上げるという理念のもと、日本のこれからを考えるため慶應の学生により2009年に設立されました。設定したテーマについて知識を養う事前学習、社会の第一線でご活躍されている講師の方にお話を伺う勉強会、アウトプットとしてのリフレクション(ディベートやプレゼン)といった3ステップにフィールドワークを加えたサイクルを繰り返し、日本の社会問題に対する見識を深めていきます。様々な知識や価値観を持つ仲間との議論を通じて、自身の視野を広げることができるのはFront Runnerの大きな魅力です。活動に興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください。